岩井俊二監督作「リップヴァンウィンクルの花嫁」で黒木華演じる主人公・皆川七海に影響を与える破天荒な女性・里中真白を演じたCocco。「この作品に出演できたことは神様がくれたご褒美」と話す彼女に、〝演じること〟についてたっぷり聞いた。

Cocco1

初めて台本を読んだとき
「私がやるものだ」と思った

――真白役はCoccoさんしかいないと、岩井監督から熱烈なラブコールを受けたと伺いました。初めて台本を読んだときの感想は?

「あ、この役は私がやるものだ」と思いました。読んでいて疑問に思うことがなくて、分かることばっかりだったから。「おー! これは運命だ!」って。でも、撮影終わってから聞いたら、監督が私にあてて書いてくれてたことが判明して(笑)。

――Coccoさんをイメージした役だからこそ違和感がなかった、と。

そう。監督がCoccoのライブ見て、MCを全部書きおこして。私を理解した上で、真白のせりふを書いてくれたらしくて。それを聞いて、あ、だからか!って。実は、運命とかじゃなくて、監督がちゃんとお膳立てしてくれたんだっていう(笑)。

――それはすごいパッションですね。

ね! でも、監督があて書きしてくれたからか、自分と真白の境界線はなかった。たぶん、華ちゃんもそれは同じだったと思う。2人共、スイッチを「さぁ、いれるぞ!」っていう感覚がなかった。カメラが回ってるのに、私が「ね、華ちゃん」って言っちゃったり(笑)。華ちゃんも「Coccoさん」って言って呼んじゃって、「私たち間違えてるね?」ってことが何回もあったくらい(笑)。

こんなに楽しくていいの?と
思うほど楽しいことしかなかった

――黒木さんは「Coccoさんを愛しく感じた」とおっしゃってました。

私も! すごく華ちゃんが愛おしく感じた! でも、華ちゃんは年下だけど、土台が大きい。母なる海みたいな、包容力がある。そんな華ちゃんに、私はぽよよーんって包まれてた。華ちゃん遊ぼう! ぽよよーんって(笑)。

――すごく楽しい撮影だったんですね。

楽しいことしかなかったです。こんなに楽しいことしていいのか、っていうくらい。歌うことはつらいことが多かったから。ライブとかはずっとピーラーで自分を剥いてるみたいだし。私にとって歌ってすごくつらくて残酷だった。だけど、それを20年近く頑張ってきたから、こんな楽しいことをご褒美でもらってるんだ!っていうくらい。この作品を演じるのはものすごく楽しかった。

Cocco2

歌はコントロールできないけど
お芝居はコントロールができる

――Coccoさんにとって〝演じること〟〝歌うこと〟はどう違うのですか?

歌はコントロールができなくて、演技はコントロールができる。例えばお芝居って「ここは青い洋服がいいですね」って言ったら、タンスから青い服を出せばいい。ナイロン? シルク? いやここはコットン?って考えて「はい、青ありますよ!」って、持っていく感じ。自分で選べる。でも、歌ってそれができないから。自分が赤い服を着たいときでも青い服の歌が降って湧いちゃうと、青い服を着ないといけないから。どうしようもない。歌に振り回されちゃう。でも、お芝居に振り回されるっていうことはない。だから、すごい楽しい!

――特に印象的だったシーンは?

華ちゃんと2人で、ベッドの上で話をするシーン。あれは、実はリハーサルだと思ってたの。監督が「じゃあ、ちょっとやってみよう」って、やってみたらOKになっちゃった。重要なシーンだし、時間がかかるだろうってみんな覚悟していたのに本当に1回だけの撮影。「カット!OK!」って言う監督に「本当に?!」って(笑)。でも、映像を見たら、本当に素晴らしくて! カメラさんも音声さんも、みんなのピークがそのファーストテイクに見事にのってた。

Cocco3

13歳から思い続けて25年!
岩井作品に出演は念願だった

――これまで岩井監督の作品は見ていたんですか?

13歳くらいのときに沖縄でテレビで見たことがあって。それまでそういうことを考えたことなかったのに、そのときなぜかこれを作った人に会う!って決めた。初めてエンドロールを確認して。〝岩井俊二〟ってメモをして、それをずっと宝箱に入れてたの。でも、その後の作品はあえて見なかった。だって、自分は13歳でこの人だ!って決めてるのに、監督は他の人と楽しい新婚生活をしてて。そんなセッション見れるか!みたいな。

――ジェラシー?

そう。だから、意地で一つも見なかった。でも、25年くらいたっても会えないから(苦笑)、正直もう会えないないかもって諦めそうでした。監督の映画で音楽を使ってもらったことはあったんですけど…。それも、私からしたら、音楽だけ?っていう話だから(笑)。で、今回やっと会えた! 25年待ってよかった!

――25年分の思い、監督には伝えたんですか?

オールアップのときに、「そういうことで一回も作品は見てません」とは言いました(笑)。でも、その後、やっと私も見つけてもらえたことだし、他の結婚生活も見ようと思って。今、監督の作品を見始めたところです(笑)。ただ、私が一番最初に見た作品がまだ分からない! みんなから「それ、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』だよ」って言われて見てみたんだけど…違う! 今、探しているところです。

諦めなければ夢はかなう
そう、自分自身で証明できた

――最後に、Coccoさんにとってこの映画はどんな作品ですか?

夢がかなうっていうことを証明できた作品、かな。私にはバレリーナになりたかったけど、なれなかったっていう挫折感が今もまだあって。だから「頑張ればかなう」って言われても素直に受け取れない。頑張ってもかなわない人のほうが多いことも知っているから。でも、25年間待って、会える人がいた。人生で初めて願ったことがかなった。頑張ってなんとかやってきて、ここまで生きてきてよかったって思えた。私にとってすごく大切な作品です。

Cocco4

Cocco

■プロフィール
こっこ●1977年、沖縄県出身。シンガーソングライター。’97年「カウントダウン」でCDデビュー。’11年「KOTOKO」で映画初主演。’14年には「ジルゼの事情」で舞台初主演を果たす。
  • ●撮影:関純一
  • ●取材・文:鳥取えり

出演作はこちら

映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』

2016年3月26日(土)公開

リップヴァンウィンクルの花嫁

SNSで知り合った男性と結婚した七海(黒木華)。だが、新婚早々、義母から浮気の疑いをかけられ、家を追い出されてしまう。一人で生きていくことを余儀なくされた七海は、なんでも屋の安室(綾野剛)の紹介で月収100万円のメイドの仕事をすることに。住み込みで働くうち、七海はメイド仲間の真白(Cocco)と交流を深めていく。しかし、彼女にはある秘密があった。

映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』公式ページ

日映シネマガ読者5名様に
サイン入りポラ プレゼント

サイン入りポラプレゼント

応募〆切:4月30日(土)深夜12時

応募受付終了しました

2016年3月18日 配信