9/10(土)から9/23(金)まで東京国立近代美術館フィルムセンターで開催されるPFF(ぴあフィルムフェスティバル)。今年で38回目を迎える同映画祭の目玉は、何といっても日本最大の自主映画のコンペティション“PFFアワード2016”。これまで同映画祭から橋口亮輔、矢口史靖、塚本晋也、園子温はじめ現在の日本映画界を支える名監督たちを多数輩出してきた。今年ノミネート作品として残ったのは20作品。いずれも唯一無二の個性的な作品ばかりだが、今回日映シネマガスタッフ4名が全20作品を鑑賞し、それぞれ独断と偏見でグランプリ作品を予想! 競馬にならい4名が◎本命、○対抗、△連下で3作品をセレクションした上、議論いたしました。その模様をお送りいたします!!!!

ノミネート20作品
ノミネート20作品

<グランプリ予想メンバー>

映検・・・日本で唯一の“映画検定マスター”として知る人ぞ知る映画通

KP・・・日本映画史に残る数々の名作を産み出してきた映画プロデューサー

カク・・・日映シネマガにて映画祭紀行コラムを担当する放蕩の映画愛好家

ミナ・・・日本映画専門チャンネルメルマガを担当する今回紅一点の映画娘

カク まずは今回PFFアワードノミネート全20作品の鑑賞おつかれさまでした。休憩なしでトータル14時間、時間のないところ全作品集中して観なければならず、非常に愉しくはありましたが、やっぱり疲れましたね(笑)。

KP 14時間もあった? 俺は2時間ぐらいに感じたけども。

ミナ さすがにそれは嘘ですよね(笑)。でも本当に尺一つとっても一番短いもので5分、一番長いモノで104分と作品ごとにバラバラですもんね。それを一緒のコンペティションでグランプリを決めようというのは面白いと思います。

映検 いや、それでいくと絞るのは難しいよね…。だってあまりにテイストが違うから。ぶっちゃけ好みの問題も多分にあるし(笑)。本選の審査員たちも毎回きっと喧々諤々だろうなぁ。

カク さてさて、難しかったとは思いますが各人それぞれ推し作品3作を選んでもらってますので、私の方から一気に発表させて頂きます。予想はこうなりました!

<グランプリ予想結果発表>

映検・・・◎「食卓」、○「回転(サイクリング)」、△「ヴァ二タス」

KP・・・◎「食卓」、○「ヴァ二タス」、△「溶ける」

カク・・・◎「食卓」、○「ヴァ二タス」、△「回転(サイクリング)」

ミナ・・・◎「傀儡」、○「食卓」、△「もっけのさいわい」

映検 えっ!? もっとバラけるかと思ったけど、かなり被ってんな(笑)。

KP 何というか、そもそも好みに偏りがあるメンバーだったんじゃないの…。

カク そういう意味でもオッサン連中のなかで紅一点のミナが本命に推す「傀儡」から話を始めましょうか。

「傀儡」
「傀儡」

ミナ 全篇を通じて薄気味悪さを感じて、とにかく恐いんですよ!その作り込み方がすごいなと思って。なんというか、ものすごく映画っぽいし!

映検 確かにドローン使って撮ってるシーンとか、よくやったなと思ってしまうよね。二階堂智、烏丸せつこ、渋川清彦とかいわゆる有名俳優も出てるしね。

カク ただ謎解きミステリーとしてやや弱かった気が僕はしました。

KP 俺も力作だとは思ったけど、何がやりたいのか今一つわからなかったなぁ。

カク そして同じく今回唯一の女性目線ミナだけが推している作品が「もっけのさいわい」。

「もっけのさいわい」
「もっけのさいわい」

ミナ 今回観た作品の中で、唯一涙が出そうになりました。ある夫婦が主人公なんですけど、奥さんの方に感情移入しちゃって。物語中盤である重要なことがわかるんですけど、そのあたりから、泣きそうになって。なんか思い出しただけで泣きそうです。

カク ネタバレできないから、肝の所の説明が難しいね(笑)。

KP それはやっぱり女性目線だよね。俺はとにかく設定が面白かった。ヤモリが実際の男になるっていう。

カク その展開に入っていけるか否かが本作の評価の分かれ道じゃないですかね。僕はその世界観に入っていけませんでした。非常につまらない人間でスミマセン(笑)。

映検 俺が気になったのは中身じゃなくて全員絶叫芝居してたところ。もっと押さえていいんじゃないかと。全部張り上げてるんだもん。

カク 何となく全体的に言えると思うんですけど、自主映画って劇団などで役者として活動している人は所謂たっぷりの演技、逆に明らかに素人だと棒読みで演技をしがちで、2タイプにパックリ別れてしまっている作品が多い気がしましたね。

KP さすが、学生時代に自主映画作ってPFFに落ちた人間の発言だな。説得力が違う。

カク まったく、おもしろくはないわ才能もないわ…生まれてスミマセン(笑)。被らなかった作品でいくと実はもう一作品ありまして、KPさんが推し作品とした「溶ける」です。

「溶ける」
「溶ける」

カク 田舎町に住む女子高生が主人公の話だけど、青森の田舎町出身のミナなんかはきっと共感するんじゃないかと思ったんだけど。

ミナ いや、共感するどころか、あの主人公、わたしは苦手なタイプです(笑)。

KP そうかぁ、俺なんかはもともと奈良のド田舎で育ったもので、逆に50も半ばを超えるこの年になって、やっぱり田舎でのセックスって人生から逃げてたんだなとしみじみ思ってしまったけどね(笑)。あの時はそんなこと思わなかったけど、この年になるとわかってくる。しかも作品を観たあとで知って驚いたけど、何と20歳の女の子が監督なんだよね。

カク 今回のノミネートの中で一番若い監督ですね。なんとなく良くも悪くも青臭い部分が凝縮されている作品で、僕も3本には入れませんでしたが印象に残りました。

映検 申し訳ない。俺はタイトルと設定を聞いても内容が思い出せないなぁ…。

KP 冒頭で主人公の少女が川に飛び込むけど、そもそも東京だと川になかなか飛び込めないじゃん。まさに思春期の田舎に住む少女のイライラが伝わってきていいなぁと。「溶ける」というタイトルじゃなく「飛び込む女」みたいなタイトルの方がハマった気が個人的にはしたけどね。

映検 そうか! 川に飛び込むシーンの映画ね!! 確かにあの画はよかったね!

カク これも全体的に言えることな気がしますけど、タイトルが弱いなと思うことは多かったですね。僕もタイトルと内容が結びつかない作品けっこうあります。とりあえず、映検さんが無事にこの作品を思い出せてよかったということで(笑)。

次回は後編として予想が被った「食卓」「ヴァ二タス」「回転(サイクリング)」の3作品を取り上げます。是非ご期待ください!

詳しい上映スケジュールは第38回PFF(ぴあフィルムフェスティバル)公式サイトでご確認ください。

2016年9月7日 配信