9/23(金)に閉幕した第38回PFF(ぴあフィルムフェスティバル)。同映画祭の目玉が日本最大の自主映画のコンペティション“PFFアワード2016”。今回ノミネート20作品から日映シネマガスタッフが、前編後編にわたり、事前にグランプリ予想していたが…。果してその結果はいかに!

ノミネート20作品
ノミネート20作品

<グランプリ予想メンバー>

映検・・・日本で唯一の“映画検定マスター”として知る人ぞ知る映画通

KP・・・日本映画史に残る数々の名作を産み出してきた映画プロデューサー

カク・・・日映シネマガにて映画祭紀行コラムを担当する放蕩の映画愛好家

ミナ・・・日本映画専門チャンネルメルマガを担当する今回紅一点の映画娘

カク 今回、僕らも授賞式に参加していたわけですけど、正直ドキドキでしたね…。

ミナ 特にグランプリが発表されるときは、緊張し過ぎて吐きそうになりました(笑)。

KP それ、ただの二日酔いなんじゃないの。

ミナ …それもありましたけど。

映検 俺は授賞式出席できなかったんだよ。結果どうだったの? 早く教えて。

カク では早速、今年のPFFアワード2016結果はこうなりました!!!!

<「PFFアワード2016」 受賞結果>

グランプリ:小松孝監督『食卓』

準グランプリ:岩切一空監督『花に嵐』

審査員特別賞:伊藤舜監督『シジフォスの地獄』/井樫彩監督『溶ける』/首藤凜監督『また一緒に寝ようね』

エンタテインメント賞(ホリプロ賞):吉川鮎太監督『DRILL AND MESSY』

ジェムストーン賞(日活賞):岩切一空監督『花に嵐』

映画ファン賞(ぴあ映画生活賞):首藤凜監督『また一緒に寝ようね』

観客賞:内山拓也監督『ヴァニタス』

日本映画ペンクラブ賞:岩切一空監督『花に嵐』

カク ということで、グランプリ事前予想、見事に当てました! 本当によかったなと…。

KP むしろ予想ハズして、節穴集団としてのお詫びにカクとミナの二人が坊主になった方がよかったんじゃないの?

ミナ ちょっと! なんで私まで坊主にしなきゃいけないんですか! 私、一応女ですから。

映検 峯岸みなみ的なね。まぁ冗談はさておき、「食卓」と「ヴァ二タス」の2強かと思いきや、意外とそういうことでもなかったのね。

カク せっかくですので、この結果を受けて改めて事前予想に触れなかった作品を紹介していきましょう。まずは準グランプリほか3冠に輝いた「花に嵐」から。

「花に嵐」
「花に嵐」

映検 いわゆるPOV(主観ショット)のフェイクドキュメンタリー方式だけど、俺はあまりにもわざとらしくて底が割れていると思ったな。後半ホラー的な要素の辺りが入ってくると白石晃士というその道の先駆者も浮かんでくるわけで、新鮮さも感じなかった。

カク 僕もほぼ同意見でした。ただし出てくる女の子がすべからくカワイイというのと、そんなカワイイ子の一人と主人公を演じる監督自身がキスするシーンがあって、最終審査員のお一人だった野田洋次郎さんもコメントしてましたが、自らの欲望を映画を通じて達成していく姿にはどこか共感できましたね(笑)。

ミナ 確かに今回のノミネート作品の中で一番エロかったですもんね。今回いろんな作品を観ている中で、“エロ”が絶対必要なシーンなのに抱きしめるぐらいで逃げている作品が多くて、そこをちゃんと描いたのはスゴイと思いました。

カク 自主映画だからお金もほとんど出なけりゃ商業映画みたいなステップアップ的な保証もないわけで、そんな中で出てくれる女優たちに絡みをお願いするのって本当に至難の業なんだよなぁ…。

KP さすがPFFに落選した自主映画出身者のコメントだけに説得力がある。とりあえずストーリーを前に前にと進める物語の推進力は最後まであるので、観ている側を飽きさせないテクニックは持ち合わせているんだろうね。

カク そしてもう1作、審査員特別賞と映画ファン賞2冠に輝いた「また一緒に寝ようね」。

「また一緒に寝ようね」
「また一緒に寝ようね」

ミナ ほらっ! この作品イイって言ってたじゃないですか!! おっさんどもは見る目がないから、まったく…。

KP なんかプライベートフィルムみたいで、まったく感情移入ができなかったけども。

映検 わたしも正直なところ何を描いているのか理解できず、語られるブンガク的な台詞も観ているこちらが恥ずかしくなってしまう感じで。才気は感じたけど。

カク 僕も作品の世界観にまったく入っていけなかった1人です…。ということで誠に残念ながらおっさん3人は完全にお手上げ状態なんだけど、紅一点のミナはこの作品のどこがそんなに刺さったの?

ミナ かわいいじゃないですか! お話も登場人物もセリフもすべてが。今回の入選作の中では珍しいハッピーエンドなところも良かったと思います。観ていて幸せな気持ちになれました。いい人より頼りない人の方が好きだったり、自分は許してもらおうとするのに相手の不貞は許せなかったり、あるじゃないですか! 男目線でも女目線でもしっかりと描かれていて共感できるところ盛りだくさんだったと思いますけどねえ。きっとお三方とも恋してないから分からないんですよ。

KP 俺、58歳にして目下恋してるけどね。

映検 俺は、恋は遠い日の花火だなぁ…。

カク 僕も、恋を何年も休んでますね…。

ミナ おっさん3人揃って遠い目して、キモいので止めて下さい。特にKPさん!

「シジフォスの地獄」「DRILL AND MESSY」
「シジフォスの地獄」「DRILL AND MESSY」

カク 話を戻すと、一つの作品でまったく異なる見方が出てくるのはまさしく映画の良いところだからね。ほかにも寓話的な世界観で現代若者社会をえぐって審査員特別賞に輝いた「シジフォスの地獄」とか芸術と欲望をスタイリッシュな映像で描いて見事エンタテインメント賞を射止めた「DRILL AND MESSY」など本当に入選作すべてバラエティ豊かな作品が揃っている感じがしますね。

KP おや、これはもうまとめに入った感じ? まだ全然話足りないんだけども。

カク 何かおっしゃりたいことがあれば、手短にお願いします(笑)。

KP いや、なんか今回数十年ぶりにPFFアワード全作品を観て、確かにバラエティ豊かではあるんだけど、かつて自分がこの同じPFFアワードで塚本晋也監督「電柱小僧の冒険」とか熊切和嘉監督「鬼畜大宴会」を観て戦慄を覚えたような所謂クレージーな映画が今回はなくて、そういうのも観たかったなと。

映検 そうね。こんなもん一般商業映画じゃ絶対できないだろう!みたいな、自主映画だからこそ作ることができる、観ることができる作品は確かになかった気がするよね。良くも悪くも洗練され過ぎているというか。

カク その辺は最終審査員のお一人野田さんもおっしゃってましたね。もっと無茶苦茶な作品も観てみたかったと。“映画はPUNKだ!”という今年のPFFのキャッチコピーからすると、けっこう皆メロディちゃんとしてるなって感じですよね(笑)。だってかつての園子温監督PFFアワード入選作「俺は園子温だ!」とか、楽譜読めねえしコードってよくわからないけど、ギターって弦を鳴らしゃ音が出るから、とにかくかき鳴らしてみたぞコノヤロー!みたいな、PUNKの塊でしたからね(笑)。

ミナ わたしは自主映画だろうと商業映画だろうと、PUNKだろうとPOPだろうと何でもいいので、面白ければそれでいいです(笑)。

映検 まぁ、そうだよね。中々いいこと言うな。

ミナ きっと地方に在住の方でこの座談会をお読みになって興味が沸いて観てみたいと思った方もたくさんいらっしゃると思うんですけど、あくまで東京開催が終わっただけで、このあと10/29(土)から京都を皮切りに、神戸、名古屋、福岡と地方開催が控えているのでそこでご覧頂けますので!

カク しかも今年から新たにノミネートされた20作品がオンラインで配信されています。気になる作品を今すぐご覧頂けますので是非コチラをチェックしてみてください。

KP そうか、もう終わっちゃうのか…。なんか名残惜しいなぁ。

カク それでは皆様また来年、どこかでお会いしましょう!

映検 どこかでってどこだよ(笑)。

ミナ 日映シネマガでしょ! 本当にしょうがないおっさんどもですね…。

PFF地方開催のスケジュール等詳細はコチラの公式サイトでご確認ください。