’60年代後半の激動の時代に、常に世間を挑発し続けたマルチクリエイター・寺山修司が、人間の“心の荒野”を描いた長編小説『あゝ、荒野』。孤独を抱えて生きてきた2人の男を、映画界の若手実力派・菅田将暉と、’09年の監督・主演映画『息もできない』で世界各国の映画賞を総なめにした韓国の俳優ヤン・イクチュンが演じ、映画『二重生活』の岸善幸監督が映画化。映画の前篇は10/7(土)、後篇は10/21(土)から公開となる。さらに前篇公開の翌日、10/8(日)には映画の未公開シーンを収録した<完全版>となるドラマ全6話の第1、2話が日本映画専門チャンネルで放送される。

是枝裕和

撮影期間中、兄弟のように
過ごした菅田とヤン

――少年院上がりで、自分を捨てた母親を憎み続ける沢村新次を菅田さんが、韓国人の母と日本人の父を持ち、吃音で赤面対人恐怖症の“バリカン”こと二木建二をヤンさんが演じます。お二人は今作が初共演ですが、お互いの印象をお聞かせいただけますか?

菅田将暉「ヤンさんは本番で何を始める分からない動物的なところのある役者さんで、毎回初対面のようなムードを作ってくださいました」

ヤン・イクチュン「私は菅田さんこそ、動物的な俳優さんだと思います。サバンナに4本足で入っていくイメージ。それに一緒にお風呂に入るシーンも撮ったんですけど、動物と同じで毛深い」

菅田「やっぱりそれ言うか(笑)。ずっと、僕のすね毛を見て『毛深い、毛深い』って言ってたんですよ」

ヤン「そして、善良な面があり、笑顔はすごく美しい。でも、同時に男らしい部分もあり、バラエティに富んだ魅力を持っている俳優さんだと思います」

――映画は前後篇合わせて約5時間ありますが、撮影期間はどのくらい?

菅田「僕だけだと1ヶ月半ぐらいでした。僕らのボクシングパートと、もう一つ自殺サークルパートというのがあって、全部で3ヶ月ぐらい」

ヤン「私はそれに加えて、さらに1ヶ月半ほど撮影を続けたので、私だけだと3ヶ月ほど。ずっと兄弟のように過ごしていた菅田さんが途中でいなくなってしまったので、すごく寂しかったです。一緒の期間は本当に慌ただしくボクシングの練習をしたり、菅田さんと感情を合わせるためにはどうしたらいいのか、悩み続ける日々でした」

菅田「新次とバリカンは、ボクシングで肉体と肉体をぶつけ合うことで得られる“つながり”のようなものを求めていたんだと思うんです。ボクシングは人間の手で行うものだからこその熱量が生まれるので、当たり前の愛情を知らない2人が互いを殴り合うことで、それを知っていく。2人はボクシングに寄り添うことで、愛情を感じていくのだと思います。

ただ、個人的には撮影が一瞬『銀魂』と被っていたので、その期間はヘンな感じでした。一方ではメガネをかけていろいろなことをやりながら、次の日にはボクシングで人を殴りまくるという(笑)。でも、ヤンさんが本当に明るくて、現場をずっと笑わせてくれるので、本当に助けられました」

ヤン「現場は明るくないといけないと思うんです。描いている内容はぜんぜん違っても、現場は楽しくないと」

菅田将暉 ヤン・イクチュン

プロの指導のもと、本当に
過酷だったボクシング練習

――ボクサー役ということで、日本ボクシングコミッション全面協力のもと、厳しく準備されたんですよね。

菅田「はい。ボクシングは初めてだったので、本当に大変でした。半年ぐらい前から準備したのですが、まずは僕とヤンさんが階級を合わせないといけなくて。僕はガリガリで、逆にヤンさんは丸々としていたので(笑)。

体重差が20kgぐらいあったので、僕は増量しました。ただ、映画の中では試合のために減量するので、撮影に入る前に増量して、撮影しながら減量していく。パンチを打つことでしかつかない筋肉もあったので、とにかく練習しました」

ヤン「僕は10kgほど体重を落としたのですが、むしろ落とす方が簡単で、ボクシングのテクニックを身に付ける方が大変でした。加えて、僕は理容師の役なので散髪の練習もし、日本語が完璧でないのに吃音の役なので、そこも大変で、毎日宿題が山積み。4つも5つもあったので、頭の中がメンタル崩壊状態。なので、宿題をやったと嘘をついたこともありました(笑)」

菅田「えっ?」

ヤン「髪を切る練習の宿題ができなかったときに、やりましたと嘘をつきました。でも、皆さん信じてくださって」

菅田「気付かなかったなー(笑)」

ヤン「あはは。ボクシングの練習ではプロの選手が試合前にするような訓練をしていただいたので、本当に苦しくて大変なことでした。でも、一生懸命筋肉を付けたりして、何とか頑張りました」

菅田「ボクサーの方に聞いたのですが、減量中はシャワーを浴びるだけで、皮膚が水を吸収して体重が増えるそうなんです。それぐらいシビアな世界なので、しっかり取り組みました」

菅田将暉 ヤン・イクチュン

孤独だった2人の心が
つながり合う様が大きな見どころ

――そうして完成した映画は計5時間強。さらに映画の未公開シーンを収録した<完全版>は全6話あります。

菅田「この時代に映画で5時間。ありがたい話だと思います。そして、ドラマの第1、2話は、まだ体がブヨブヨのときですね(笑)」

ヤン「2人がボクシングに出合う導入部分になります。多くの人間がいる中で、2人が出会った鍵になるものは何なのかを皆さんに目撃してほしいです」

菅田「その通りです! さすが先輩(笑)。第3話以降は、少年漫画の王道のような2人の生き様が描かれていきますので、童心に返って見ていただければと思います」

ヤン「新次とバリカンは家族でもなく、血の繋がりもない2人。まったくの他人だった2人がどのように感情を寄り添わせていくのか。そして2人の間には実は微妙な関係性があるので、そこにも注目していただきたいです。それから、どちらがよりイケメンかも見てください(笑)」

菅田「あはは、そこも見てください!」


菅田将暉 ヤン・イクチュン

(右)すだ・まさき●1993年2月21日生まれ、大阪府出身。A型。9/24(日)放送回から大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK総合ほか)に、井伊直政役で出演。映画『火花』が11/23(木)、『となりの怪物くん』が’18年GW公開予定。

(左)ヤン・イクチュン●1975年10月19日生まれ、韓国出身。’09年に初めて長編映画『息もできない』を監督。製作、脚本、編集、主演も手掛けた本作で、世界各国の映画賞を受賞。『かぞくのくに』(’12年)、『夢売るふたり』(’12年)、『中学生円山』(’13年)など、日本映画にも出演。

  • ●撮影:中川容邦
  • ●取材・文:及川静

最新出演作はこちら

『あゝ、荒野』

2017年10月7日(土)前篇、10月21日(土)後篇
新宿ピカデリー他にて2部作連続公開

あゝ、荒野

寺山修司が残した唯一の長編小説を、映画『二重生活』の岸善幸監督が映画化。舞台は2021年、オリンピックという祭りを終えた東京。どれだけ時代は進んでも、人々は孤独を抱え、人間とは何かを問い続けていた。そんななかで不遇の人生を歩んできた2人の男がボクシングに出合い、“つながり”を求めてぶつかり合う。

映画『あゝ、荒野』公式サイト

『あゝ、荒野』関連番組はこちら

「あゝ、荒野<完全版>」(R-15)

12月31日(日)深夜0:00から全6話一挙放送!

放送スケジュールを見る

2017年10月6日 配信